2011年の経営テーマ

2011経営テーマ.jpg
〜当社代表取締役・長谷川博之から渾身のメッセージです〜

このメッセージは、私が会社を経営している理由でもあります。

なぜか、子供の頃から世に言う「常識」と言われるものが苦手でした。
だから常識的な行動のできない子供時代を過ごしました。

もう一人の私が「それは違う・・・、何かしっくりこない・・・」と抵抗するのです。
へそ曲がり、あまのじゃくと言えばそれまでですが・・・

その抵抗感は、サラリーマンになってからは益々大きくなりました。

当時、その理由は明確には分かりませんでした。
ただ漠然と、毎日会社に行き、仕事を何十年も続けるのって苦痛だと思いました。
何か良い解決策はないだろうかと悩み、引き篭もりになりました。

その後、科学、哲学、経済、宗教など様々な本を読みあさり、
私と同じことを感じている人はいなだろうかと同志探しを始めました。

そうしたら偶然にも、「パラダイムシフト」という言葉に出会いました。
パラダイムシフトとは、価値観、つまり今までの常識が大きく変わることを意味する言葉です。

そして2010年、ようやくパラダイムシフトが現実味を帯びてきました。
かれこれ三十年も待ちました。

狩猟型経営から農耕型経営への転換はパラダイムシフトです。
私が受け入れられなかった常識とは、狩猟型ビジネスの価値観です。

商品を売るために人間が働く・・・。そこには人間不在です。
本当は人間が幸せになるために商品を売るべきです。

資本力のある会社や人が儲かる。ここも人間不在です。
本当は、人間力のある人が儲かるべきです。

私の提唱する「農耕型経営」は、人と人との絆創りを中心にビジネスを展開します。
人間としての喜びや楽しみを仕事を通じて実感できる経営です。

人間復興のために農耕型経営を実現する意思と志は誰にも負けません。

心の通った面白い仕事ができれば、社会も明るくなるはずです。
そして、仕事をすることで人間力が高まる会社にしなくてはいけない!

私と一緒に次の世界「人間復興の農耕型経営」を実践しませんか!
子供たちの未来のためにも、私と一緒に明るく面白い未来を築いてみませんか!

そこで、株式会社リンケージM.Iコンサルティング2011年のテーマは…
「仕事を面白く!世の中を明るく!」

(2010.12、長谷川博之)

経営理念

コンサルティングに夢を乗せて、中小企業の幸せを一緒に創ります!

経営目的

可能性を追求できる企業と人材を育て、幸せの和を広げる。

事業目的

「売れる商品創り」「売れる販売方法創り」「「売れる市場創り」を提供し、中小企業の発展と社会の発展に貢献する。

社是

@徹底と継続が成長をもたらす

A変化が成長をもたらす

B人との出逢いが成長をもたらす

Cそれはクライアントの幸せを実現できるか?

Dそれは、ワクワクドキドキできるか?

お問い合せ・無料相談は、お気軽にどうぞ!
お問い合せ・無料相談.jpg