こんな中小企業様におすすめします!

自社で一般消費者向けの商品開発・サービス開発をおこなっている中小メーカーや中小サービス業様対象です。

また、小売業様でも「自社商品(PB)をOEM生産したいが、どのようなコンセプトで開発していいのかわからない」という場合にはおすすめします。

売れる商品・サービスの開発にフォーカスしてコンサルティングをおこないます。

『売れる商品を開発する』7つのマーケティング戦略

当社ノウハウの中から『売れる商品を開発する』7つのマーケティング戦略をご紹介します。

 


@ネーミング、パッケージデザインを変える


一番簡単な戦略は、既存商品の『ネーミング』や『パッケージデザイン』を変更することです。

中小企業は、意外とネーミングやパッケージデザインに気を遣っていません。

最近の事例では、男前豆腐店が『風に吹かれて豆腐屋ジョニー』というネーミングで、サーフィン(船)のようなフォルムのパッケージで成功しました。

また、過去にはレナウンが、『フレッシュライフ』という男性向け靴下のネーミングを『通勤快足』に変えたところ大ヒットとなりました。

形のないものを売るサービス業なども、サービスに名前をつけることでヒットする場合があります。

 


A価格を変える


ここ数年の市場の特徴は、低価格帯商品と高価格帯商品がひじょうに多いことです。

商品によっては、低価格帯と高価格に商品が集中して、中価格帯の商品が手薄な状態であることがあります。

この場合、競合の少ない中価格帯に商品を投入すれば、売れる可能性はひじょうに高くなります。

また、低価格帯商品中心の市場では高価格帯商品を投入する、一般的に絶対価格が高額な商品である場合はワンランクまたはツーランク価格を下げた中価格帯商品を投入することで、ヒットに繋がることがあります。 

 


B商品自体のデザインを変える


これは、中小企業が一番苦手とする分野のようです。

あらゆる商品がファッション的要素を含む時代です。機能一辺倒だけの商品はありません。

デザインや趣味趣向に関しては、おおよそ7〜9つ程に分類できます。

商品開発の際は、どの分類に当てはめていけばベストなのかを考慮し、フォルム・カラーを慎重にデザインすることが重要です。

まず、顧客が目にするものは商品のデザインです。

一番最初に『カラー(色)』、二番目に『フォルム(形)』、三番目に『フォント(文字)』です。

一番最初に目にするのは、機能ではありません。

随分とデザインで損をしている中小企業はことのほか多いのが現実です。

 


Cある機能、ある顧客、ある使用シーンに特化する(ターゲットを絞る)


これは、商品開発の鉄則です。

ターゲットの絞り込みに成功すれば、商品開発の90%は成功したと言えます。

これはコンサルティング経験からですが、中小企業の多くはターゲットを絞ると顧客が減ると考えます。

しかし、絞り込みさえ間違わなければ、今までの顧客は減りますが、新しい顧客が増えます。

また、自動的に商圏も広がります。

価格も上げることが可能です。

『ある機能に特化する』『ある顧客に特化する』『ある使用シーンに特化する』 『ある地域に特化する』『ある売り方に特化する』『ある価格に特化する』など、あげればきりがありません。

 


D顕在化されているニーズ、潜在的ニーズに応える


顕在化さえれているニーズは『フループインタビュー』や『アンケート』などの調査で知ることができます。

要は、実際にその商品を使っている人の『不満・不平』です。

これらを知ることができれば、それを改善すれば売れるということです。

潜在的なニーズは、一連の調査などで分かる場合はひじょうに少ないようです。

たとえば、カップヌードルが発売されるまで、そんなニーズはありませんでした。

プレステが発売されるまで、そんなニーズはありませんでした。

どちらかというと、商品開発者のヒラメキやカンに頼るのが潜在ニーズです。

しかし、保守的で伝統的な業界では、容易に潜在ニーズを汲み取ることが可能です。

早い話が、業界の慣習をお客様視点で破ればいいのです。

 


E商品やサービスそのものではなく感性を訴求する


JA西又葵のイラストがパッケージに施されている『あきたこまち』は、1ヶ月で約2年分の量の売上を達成しました。

太宰治の人間失格は、デスノートの小畑健が表紙のイラストを書き、1ヶ月半で7万5000部のヒットとなりました。

これらの例は、商品本質的な機能とはまったく関係ないところで、ヒットしました。

以前であれば付加価値ですが、近年は付加価値とは言い切れなくなり、付加価値がヒットの決め手になるケースが多々あります。 

 


F成長市場に向けに商品を開発する


多くの市場が成熟期を迎えていますが、確実に成長する市場は『環境関連』と『高齢者関連』です。

恐らくこの2つの市場は、とてつもないポテンシャルを持っています。

成長市場向けに商品を開発するといっても、中小企業が中心的商品を開発するこは開発費等がかかり、リスクが多き過ぎます。

そもそも中心的商品の開発には、専門的なノウハウと技術が必要です。

そこで、中心的商品は大企業に任せ、その周辺商品を開発すればいいのです。

周辺商品は、市場の大きさに比べ、競合が少ない場合があります。

中小企業のチャンスはここにあります。

『売れる商品を開発する』コンサルティングメニュー

当社では、『コンサルティング内容』『契約期間』等により、以下の4つのコンサルティングメニューがございます。

御社のスタイルに応じてお選びいただけます。

 


スポットプラン.jpg


【コンサルティング内容】

@御社のかかえているマーケティングの問題・課題(調査、戦略・戦術等)を当社のノウハウで解決します。

A電話・メールでのご質問も受け付けます。

B契約終了後もフォローアップいたします(有料)。

【契約期間】

特に契約期間はございませんが、『市場調査を依頼したい』『ダイレクトメールの文面やデザインを考えてほしい』『新事業についてのアドバイスがほしい』など1回限りの仕事です。

【コンサルティング料金】

1回35,000円〜

※仕事の難易度によって料金は変わりますので、お見積りいたします。

【お問い合せ・お見積り】

まずはメールによる無料相談をどうぞ

電 話:025-210-6238

FAX :025-210-6238

メール:info@linkage-mic.com

 


 アドバイスプラン.jpg


【コンサルティング内容】

@御社の考えている戦略・戦術等を、当社のプロの視点・顧客の視点でアドバイスさせていただきます。

A基本的なマーケティングノウハウは適宜お教えいたします。

B実際に戦略・戦術を稼動させ、改善点等をアドバイスいたします。

C月2回、御社へ訪問します。1回1時間30分〜2時間程度です(交通費・宿泊費は別途頂戴いたします) 。

D電話・メールでのご質問も受け付けます。

E契約終了後もフォローアップいたします(有料)。

【契約期間】 

3ヶ月〜となります。 

【コンサルティング料金】

月額98,000円〜

※仕事の難易度と御社の社員数によって料金は変わりますので、お見積りいたします。

【お問い合せ・お見積り】

まずはメールによる無料相談をどうぞ

電 話:025-210-6238

FAX :025-210-6238

メール:info@linkage-mic.com

 


プロジェクトプラン.jpg


【コンサルティング内容】

@具体的な調査・分析・戦略・戦術は当社と御社が共同でプランニングいたします。

A基本的なマーケティングノウハウは適宜お教えいたします。

B実際に戦略・戦術を稼動させ、改善点等をアドバイスいたします。

C月2回、御社へ訪問します。1回1時間30分〜2時間程度です(交通費・宿泊費は別途頂戴いたします) 。

D電話・メールでのご質問も受け付けます。

E契約終了後もフォローアップいたします(有料)。

【契約期間】 

3ヶ月〜となります。 

【コンサルティング料金】

月額148,000円〜

※仕事の難易度と御社の社員数によって料金は変わりますので、お見積りいたします。

【お問い合せ・お見積り】

まずはメールによる無料相談をどうぞ

電 話:025-210-6238

FAX :025-210-6238

メール:info@linkage-mic.com

 


アウトソーシングプラン.jpg


【コンサルティング内容】

@具体的な調査・分析・戦略・戦術は当社がご提案いたします。

A基本的な営業ツールは当社で制作いたします(印刷費、郵送費、サイト制作費等は含まれません)。

B基本的なマーケティングノウハウは適宜お教えいたします。

C実際に戦略・戦術を稼動させ、改善いたします。

D月2回、御社へ訪問します。1回1時間30分〜2時間程度です(交通費・宿泊費は別途頂戴いたします) 。

E電話・メールでのご質問も受け付けます。

F契約終了後もフォローアップいたします(有料)。

【契約期間】 

3ヶ月〜となります。 

【コンサルティング料金】

月額198,000円〜

※仕事の難易度と御社の社員数によって料金は変わりますので、お見積りいたします。

【お問い合せ・お見積り】

まずはメールによる無料相談をどうぞ

電 話:025-210-6238

FAX :025-210-6238

メール:info@linkage-mic.com

 


上記以外にも、御社のご要望にお応えできるように、柔軟に対応いたします。

お気軽にお問い合せください。

お問い合せ・無料相談は、お気軽にどうぞ!
お問い合せ・無料相談.jpg