お客様のメリット@多角的な視点でコンサルティング、業績向上の確率アップ!

当社コンサルティングの基本は、2つの普遍的な商売繁盛の法則を柱としていることです。

ひとつめの普遍的な商売繁盛の法則とは…

@売れる商品を売ること

A売れる販売方法で売ること

B売れる市場で売ること

以上の3つです。

これは「売れる商品を、売れる販売方法で、売れる市場に売れば商売は繁盛する!」という視点です。

 

ふたつめの普遍的な商売繁盛の法則は…

@顧客数を増やす

A客単価を上げる

B購買頻度を上げる

以上の3点です。

これは「多くのお客様に、より高い商品を、何回も買っていただけば商売は繁盛する」という視点です。

 

大変シンプルな考えですので、誰にでも納得していただけます。

この二つの普遍的な商売繁盛の法則を組み合わせて、多角的な視点から御社の調査・分析・戦略立案をすることが可能です。

お客様のメリット01.jpg

左記の商売繁盛マトリクスの9つのどのゾーンに原因があるのかを見極め、一番効果的で具体的な戦略・戦術を立案いたします。

このように多角的な視点で、コンサルティングするので、落ちや洩れがなく業績向上の確率がアップします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様のメリットAコスト&時間の節約を実現!

一般的には、商品のことについては商品開発専門コンサルタントに、販売方法については営業関連専門コンサルタントに、調査・分析はリサーチ会社に、戦術は広告代理店と別々に依頼しなければいけません。

また、それぞれ会社が違いますので、商品コンセプトと営業ツールに一貫性がなくバラバラになったりということは日常茶飯事です。

それなりに多額のコストと時間もかかりますし…

 

当社は、商品やサービス開発、販売方法や売り方、新しい市場の発見、調査・分析・戦略・戦術まで一貫してコンサルティングいたしますので、コンセプトや戦略の一貫性はもとより、コスト面と時間的な節約もできます。

お客様のメリットB思考の壁を打ち破ります!

これはどの企業にも言えることですが、自社が属する業界の常識や慣習の枠の中で発想してしまいます。
ついつい、業界の成功事例をマネしてしまいます。
しかし情報社会においては、競合も業界の成功事例をマネます。
ですから、成功事例はすぐに陳腐化してしまいます。

世の中の成功企業を良く観察すると、自社が属する業界ではなく、異業種の成功事例を取り入れていることがほとんどです。
当社クライアントは、「マクドナルドに学んでいる製造業」「旅館業界に学んでいる自動車販売業」「結婚式場に学んでいる工務店」「通販会社に学んでいるタクシー会社」など、異業種からヒントを得ています。

それにより、企業特有の思考の壁を打ち破ることが可能になります。
素晴らしいアイデアは、思考の壁を打ち破ることでしかわいてきません。

当社は、業種・業態・規模を問わずにコンサルティングを実施してきました。
そのため、あらゆる業界のノウハウをあらゆる業界に応用することができる数少ないコンサルタント会社です。

メリットだけではなく当然デメリットもあります…

極力デメリット(弱み)はなくすように努力はしておりますが、以下の3つは場合はお断りさせていただきます。

 

■マーケティング(売上・益・業績向上等)以外の依頼はお引き受けできません

『労務関係』『会計・税務関係』『ISO関係』等、マーケティング以外のご依頼は、お断りさせていただきます。

生半可な知識を伝えると、お客様にご迷惑をおかけする場合があるからです。

ただし、当社と業務提携にある専門家のご紹介はできます。

 

■お客様にやる気がないと判断した場合はお断りする場合がございます

コンサルティング成功の秘訣は、コンサルタントとクライアントが力を合わせることです。

経営者主導で強引にコンサルタントの導入を決め、スタッフの気が乗らないままコンサルティング初日を迎えた…

スタッフの気持ちが盛り上がらないままのスタートでは、業績は向上しません。

まず、社内での意思統一をはかってください。

 

■大企業はお引き受けできません

当社のポリシーは、当社とお付き合いすることで、中小企業に『自信』『誇り』『安心』を持ってもらうことです。

大企業には、大企業向けのコンサルタントがいます。

当社は、以前大企業のコンサルティングもやらせていただきました。

もちろん、コンサルティング料金も中小企業よりは高額をお支払いいただけます。

しかし、組織の規模が大きいため、なかなか本質に入り込むことができないのが現状です。

どうしても中途半端なコンサルティングになってしまいますので、当社では大企業はお引き受けしておりません。

 

他社との7つの違いをお読みください>>>

お問い合せ・無料相談は、お気軽にどうぞ!
お問い合せ・無料相談.jpg